ただいま工事中
⇒ 当ページの先頭へ戻る

⇒ トップページへ戻る
copyright©2019 Shiwaku-Daiku-Kenshokai all rights reserved.
備中国分寺五重塔  塩飽大工顕彰会

 Fax : 087-887-5548
 Mail: shiwakudai9@gmail.com

 (連絡手段はFaxかメールです。
 メールのチェックは不定時です。)
News
・2019年2月15日
 塩飽大工顕彰会ホームページを
 工事中ながら公開しました。

・2018年7月18日
 5年間の研究成果 「塩飽大工 -いま語り
 継ぐ 先人たちの気概と誇り-」 初版第3刷を
 刊行しました。

1.トップページ
塩飽大工顕彰会は塩飽大工を誇りとし、塩飽大工を学術的に調査研究した上で情報発信に努めています
最新更新日
2019年4月5日

塩飽大工顕彰会                                      

塩飽(しわく)大工とは、瀬戸内海の中央部・塩飽諸島を拠点に、
江戸時代から明治にかけて、主に備前・備中(岡山県)と讃岐(香川県)で、
数多くの神社・仏閣・民家を建立した一大大工集団です。

塩飽諸島の船びとは、地理的条件を活かし神話の時代から、
操船と造船の技術で、藤原摂関家平清盛織田信長
豊臣秀吉徳川家康といった中央の権力者に重用され
ました。宮大工の元締め藤原摂関家の荘園であった塩飽では、
宮大工と船大工の技術が並立継承され、江戸時代には
千石船(北前船)の造船と、善通寺五重塔や備中国分寺
五重塔
等々の大規模な寺社の建立で活躍しました。
                                   

善通寺五重塔
 1.トップページ
 2.塩飽諸島
 3.塩飽水軍(廻船)と塩飽大工
 4.塩飽宮大工の建造物
 5.塩飽宮大工の棟梁たち
 6.調査研究成果物の頒布
 7.リンク集
 8.塩飽大工の建造物写真集
 9.お問合せ